ミズタニシザーズ オフィシャルサイトのショールームにいってみよう!のページです

MOYO Showroom ショールーム

MOYO connection Showroom & Customize in Aoyama ショールーム&カスタマイズ

MOYO Showroom ショールーム
MOYO Showroom ショールーム
大野さんと佐藤さん
地下鉄銀座線外苑前駅からおよそ1分。BMWのショールームやHONDAの本社が立ち並ぶ青山通り沿いのビルにミズタニのショールーム「モヨ・コネクション」ができました。普段なかなか手に取って切りくらべることのできないプロ用ハサミを、実際にウイッグを切って試せたり、修理の受付はもちろん、さまざまなカスタマイズの相談もできます。150種類以上のミズタニ製品を一度に見ることができ、世界中からミズタニストが訪れるこのショールームは、アクセスのよいビルの3階にあり、明るく商品が見やすい場所です。
今回はミズタニのアンバサダーである大野勝次さんと、大野さんのお店(美容室Bring)の新人佐藤さんが、青山ショールームを訪ねてくれました。ミズタニのスタッフで美容師経験者でもある遠藤がお二人にインタビューさせていただきました。
遠藤(スタッフ)「いつもありがとうございます。今日はいろいろとお話をお聞かせください。」
佐藤さん「こんなに多くのハサミを一度に見られて、それに実際にカットして試せるなんて嬉しいですよね。大事な道具だから長く使うためにじっくり選んで失敗したくない。でも種類が多すぎて何を選んでいいのかわかりません。」
大野さん「私たち美容師は、時代の流行やお客様のライフスタイルや個性に合わせたヘアースタイルを毎日提案しているわけですから、スタイルを創る上でヘアカットシザーはとても重要な存在なんです。」
遠藤「ありがとうございます。私たちはメーカーとしてハサミを買う前の選び方や、買った後のアフターサービスや、カスタマイズが大事なことを伝えたくてこのショールームをつくりました。」
MOYOショールーム店内
佐藤さん
大野さん
Special Customize S-01 Olive WOOD ring
大野さんと佐藤さん
佐藤さん「最初にどんなハサミをそろえたらいいのかって難しいですよね。」
遠藤「そうなんです。手に合わなかったり、使いにくくて使ってないハサミってあるんですよね。来ていただいたお客様に喜ばれているのは、購入する前にハンドルのフィット感や鋼材の違いを切り比べてもらったり、刃の形の違いで髪のすべり方やセニングのヌケ具合の違いを体験してもらうことです。」
佐藤さん「ハンドルのフィット感を試せるって、ありがたいですね。私は指が細いから実際にウイッグをカットしてみると違いがよくわかります。」
遠藤「私たちが伝えたいのは製品のスペックはもちろんですが、もっと大事なのは、目的やご使用になる方のレベルにあわせた使い方や使い分けのご提案だと思っています。スライドカットやブラントカットなど刃の形による切れ方の違いを、セニングのカットパーセントや質感調整、毛量調整やヌケ感の違いを実際に試しながら、わかりやすく説明させていただいております。」
佐藤さん「セニングシザーも種類がいっぱいあって何を買っていいかわかりにくいですよね。」
遠藤「カットもセニングも用途に合わせてどんどん進化しています。私たちは一人一人のお客様に合わせてハサミをご提案させていただいておりますが、その先にあるのが一人一人に合ったカスタマイズだと考えていおります。大野さんからはこれまでに多くのカスタマイズのオーダーを受けておりますが、カスタマイズについてはどう思われますか?」
大野さん「道具にも人にもそれぞれに備わった機能があり、その機能を無視してこちらの意図を押し付けても効果は上がらないということです。私はお客様が家に帰っても手入れのしやすいライフスタイルに合ったヘアスタイルをつくることが大切だと思っています。お客様それぞれに違いがあるように、髪質や素材に適正なシザーやカットテクニックに合ったシザーをセレクトしてカスタマイズしていくのは当然だと思います。」
遠藤「おっしゃるとおりです。ご自身の手の大きさ、使い方や目的に合ったハサミを選んだり、カスタマイズするお手伝いができたら最高だと思っています。最後にこのショールームのご感想を聞かせていただいてもよろしいでしょうか。」
大野さん「お客様を美しくさせていただくためのテクニックや道具は毎日少しずつですが、確かに変化していきます。変化とは進歩であり、進歩とは変化だと思います。ミズタニのショールームは進歩に必ず答えてくれる、変化に必ずカスタマイズしてくれる最適な場所ですね。」
佐藤さん「私のシザーに対する考え方が、今日ちょっと変わりました。」
遠藤「今日は参考になりました。ありがとうございました。」
-MOYO(モヨ)とはアフリカのスワヒリ語で魂(-Soul-)という意味です-
ハサミは実際に手に取って切って試してみないと本当の良さはわからないとミズタニでは考えています。手の大きさや力の強さ、指の太さは人によってそれぞれ。切れ味の好みも人によって大きく違います。だから、直接手に取って、切ってくらべられる「体験・体感」できる空間を作りました。
購入のアドバイスはもちろん、買った後の細かいカスタマイズや、刃付けの具合や研ぎ修理の相談にできるかぎり対応することを目指しています。

そして私たちもMOYOが美容師さんの求めているものや、困っていることを直接の声として聞けるコミュニュケーションの場として、さらにはいろいろなワークショップを通じて、みんながつながる素敵な空間にしていければいいなと思っています。
Page Top